理系院生の一人暮らし備忘録

誰かには役立ちそうな、理系大学院生の身の回りのいろいろ雑記

【コスパ最強】京都旅行の宿泊はココ!「SAKURA TERRACE」【画像多め】

f:id:sakunosuke28:20170326000054p:plain

こんにちは、京都旅行中のさくのすけです。

 

現在宿泊中の宿はココ

【ホテル公式HP】SAKURA TERRACE<サクラテラス>京都

まあ観光のために快適に泊まれればいいなー、くらいで予約したこの宿。

いざ泊まってみると細かやかな気遣い洗練されたシステムに非常に驚きました。

旅行の話どころか宿の記事なんか需要あるか!といった感じですが、あまりに感動したので、この勢いそのまま綴っておきます。

 

ホテル概要

SAKURA TERRACE

時期:3月中旬 木〜土の2泊3日

料金:1泊 8000円 / 2泊3日 (素泊り)

場所:京都駅から徒歩 分・地下鉄「烏丸九条」出口すぐ

 

この宿は京都駅の真南ですが、京都の主な観光地は駅の北側であるため、目的場所によっては1日の始めと終わりは北側の宿と比べて若干面倒かもしれません。

 

すごいところ

バーでウェルカムドリンク1杯無料&フリー

フロント横がこんな感じで

「ラウンジ」兼「バー」兼「レストラン」的な感じになっています。

 f:id:sakunosuke28:20170325235340j:image

  • ウェルカムドリンクとしてルームキー提示でアルコール1杯無料
  • フリーソフトドリンク
  • 宿泊者限定格安フード

無料といえどそこそこいいお酒が並んでいて、

さらに500円で「知多」「響」「白州」の12年を出してて驚きました。

 

ソフトドリンクも、2種類のアイスティー、4種類のコーヒーメーカー、たくさんの種類の紅茶が置いてありました。

f:id:sakunosuke28:20170325235405j:image

コーヒーメーカーはあまり見かけない珍しいタイプで、4種類どの豆もコーヒー好きの僕からしても普通に美味しくて驚きました。

 

おつまみも非常にコスパが高く

トマトとモッツァレラチーズ 500円

(写真撮り忘れた…)

 

f:id:sakunosuke28:20170325235439j:image

クラッカーのチェダーチーズのせ 300円

(と、白ワインとカクテル)

テーブルのキャンドルもいい感じ。

 

ほかにもピザ700円など、目移りして楽しかったです。

 

ここで食事しながらお酒を飲んでる出張中のサラリーマンぽい人も多かったです。

 

今回は素泊まりでしたが、朝はこちらでバイキングもやっていて、覗いてみたところ色とりどりの充実した朝食が用意されていました。

 

毎晩生演奏のコンサート

月曜から土曜、20~22時の間、日替わりのミュージシャンの方がバーラウンジで演奏してくれます。

f:id:sakunosuke28:20170325235752j:image

この日はギターの方でしたが、ほかの楽器やボーカルの方が来る日もあるようです。

これを無課金でお酒を飲みながら見れる満足度は半端ないです。

 

細やかな気遣い

清潔で清掃が行き届いているのはもちろんのこと、細かいところのサービスが粋で、非常にきめ細やかで感心しました。

  • ドリンクコーナーに客室持ち帰り用カップ
  • 夜のラウンジは各テーブルにキャンドル
  • エレベーターがほんのり桜色、桜の香り
  • 大浴場で微かにジャズが流れている
  • CS無料
  • テレビ台の下に化粧鏡
  • 大浴場用のトートバッグ

思い出せるだけでもこれだけ。

細かいことも積もると非常に好印象。

フロントでの対応もとても感じが良かったです。

 

洗練されたお金の使い方

先ほどのミュージシャン、ドリンク、アメニティ、清掃にはお金を使い、

ラウンジ・レストラン・バーをオシャレに1つにフロント横でまとめることで、上手に人件費を減らしていました。

また、客室のほとんどが1~2人部屋。3部屋以上にまたがっての団体は断っているようで、そうすることでフロントの大混雑や、団体特有の配慮の手間をなくして人件費を抑えていました。

 

今日の備忘録

大胆な発想で、きめ細かいサービスとコスパを両立できていて、非常にクレバーな経営をしている印象のホテルでした。

京都旅行は昼間は和に囲まれるので、宿はこういった洗練されたホテルに戻ると、気疲れすることなく次の日も楽しめる感じがしました。

 

次回もリピート、と言いたいところですが、近隣に

若干コンセプトの違う2つの宿を経営しているようなので、まずはそちらに泊まってみたいところ。

とても良い宿でした。

 

 

insei-bibouroku.hatenablog.jp

insei-bibouroku.hatenablog.jp

insei-bibouroku.hatenablog.jp