理系院生の一人暮らし備忘録

誰かには役立ちそうな、理系大学院生の身の回りのいろいろ雑記

誰かには役立ちそうな 理系大学院生の身の回りいろいろ雑記
スポンサーリンク

【経験者が語る】ボート競技の魅力【東京五輪・会場移転問題】

 f:id:sakunosuke28:20170315104517p:image

こんにちは、元ボート部員のさくのすけです。

 

大学四年間、全国入賞を目指し、

合宿所で寝食し、週6日10回の練習をこなしていました。

 

一時期前に、「海の森」やら、「長沼」やら、

会場移転問題で話題になっていたボート競技

 

4年間どっぷりつかった僕が、その魅力を語ります。

 

 

 ボート競技とは

f:id:sakunosuke28:20170313154855j:plain

(http://www.worldrowing.com/news/olympic-rowing-rocks-off-with-world-best-time)

オールという棒を使って、人力で艇を進めます。

このように自分の体に対して後ろ向きに進みます。

だいたいママチャリで爆走くらいのスピードが出ます。

 

レーンが貼られた直線コースでタイムを競います。

国際大会・国内主要大会は2000mで戦います。

風、波、流れのない大河川や湖で行うスポーツです。

 

英語では「Boat」ではなく「Rowing」といい、

欧米諸国では日本の相撲のような国民的スポーツとして親しまれています。

 

f:id:sakunosuke28:20170313155514j:plain

1人につきオール1本のスイープ種目

f:id:sakunosuke28:20170313155604j:plain

2本のスカル種目があり、

それぞれ、1人・2人・4人・8人の種目があります。

(スイープの1人種目、スカルの8人種目はありません)

 

(以上画像の引用元 http://www.worldrowing.com/news/olympic-rowing-rocks-off-with-world-best-time)

 

レースの見方・魅力

このスポーツ、何と言ってもキツい。

マラソンのような心肺のつらさと、筋トレ中のような筋肉のつらさ

自らの身体・精神を極限まで追い込んだ状態で、

全員の息を合わせたものが勝つ、という人間の限界に挑戦する美しさがあります。

 

特にこの「合わせること」が非常に重要で、

オールの入水、離水のタイミングはもちろん、

力のかけ方、タイミングを合わせるため、関節レベルで動作を統一します。

目が肥えると、その出来や、お国柄の見分けもつくようになります。

 

レース展開と駆け引き

2000mで全ての力を出し切るため、各々が様々な体力配分で駆け引きをします。

 

今回はロンドンオリンピック

軽量級舵手なしフォア(4人乗りで1人1本種目)決勝を例に解説します。

(ボートには72.5kgまでの軽量級・それ以上のオープンがあります)

 

予選・敗者復活・準決勝を経て、決勝は6艇でのレースです。

 


Rowing Men's Lightweight Four & Double Sculls Finals - London 2012 Olympics

当該レースは10分30秒~です。

注目は手前3つの3ヵ国

4レーン:デンマーク(黄色艇、赤白ユニ)

5レーン:南アフリカ(白の艇・黄色ユニ)

6レーン:オーストラリア(黄色艇。黄色ユニ)

 

0~500m

どの艇も回転数を上げて、100メートル走のようにスプリントし、頭をとろうとします。

優勝候補筆頭の4レーン・デンマークが頭一つ出ます。

500~1500m

回転数を落ちつかせ、相手をけん制しながら位置取りをします。

依然としてトップは4:デンマーク

しかし、このあたりを得意とする6:オーストラリアがじわじわとついていき、

その後ろに5:南アフリカと3:イギリスがつけています。

1500~2000m

最後のラストスパート、各国一気に回転数を上げます。

ここまでで使い切った5:オーストラリアは失速、

4:デンマークも思うようにスパートスプリントが決まりません。

そこに良い位置につけていた5:南アフリカがじわじわと迫り、

大観衆の中、ひと漕ぎごとに順位が入れ替わります。

 

ラスト100mほどで南アフリカデンマークを差し切り、金メダル。

じわじわと詰めていたイギリスが銀に食い込み、

最後失速したデンマークが銅メダル、オーストラリアは4位でした。

つまるところ魅力は

  • 心身の極限状態の中で競い合う美しさ
  • 己の体力を活かす駆け引き
  • 息をのむラストスパート

こんなところでしょうか。

今日の備忘録

日本ではスーパーマイナースポーツのボートですが、見てもやってもとても奥深いスポーツです。

2020年東京では否が応でもトップ選手がやってきます。

皆さんの「気になる競技リスト」に入れてもらえると幸いです。

 

海の森を「レガシー」にするのは、あなたになるかもしれません。

 

insei-bibouroku.hatenablog.jp

insei-bibouroku.hatenablog.jp