理系院生の一人暮らし備忘録

誰かには役立ちそうな、理系大学院生の身の回りのいろいろ雑記

【東芝がヤバい"今"読みたい】「10年後、生き残る理系の条件」竹内健

revieこんにちは。理系学生のさくのすけです。

2017年2月現在、東芝が世間を騒がせていますね。

 

そこで今日おすすめしたいのが、こちらの一冊。

 

著者の竹内力氏の経歴が

  • 修士卒で東芝入社。フラッシュメモリ開発の中心人物で、「半導体の東芝」を作り上げた。
  • 社内留学制度でスタンフォード大学でMBA(経営学修士)取得
  • 半導体で絶好調の中、東芝を退社。
  • 現職は中央大理工学部教授

といった具合。

「会社が傾いても、ともに沈んではならない」といったスタンスで、

今の東芝を見ると非常に説得力のある1冊です。

 

(ちなみに今の東芝)

サザエさんがやばい!東芝は倒産する・・・巨額の赤字と時限爆弾で瀕死状態 - NAVER まとめ

 

 

この本を手に取ったきっかけ

てめえのことなんか聞いてねえよ!って感じですが、

 

こんなことがありました。

思ったことは、このまま修士に進んでただのエンジニアになっても、

いつか食いっぱぐれるんじゃないかということ。

そんなとき書店で見かけて、思わず買ってしまいました。

 

あらすじまとめ

ざっくりいきます。

時代は変わってるよ

  • 儲かってる事業が続く時代は終わった
  • それをわかってない事業部だと会社は死ぬ
  • 事業部と一緒に技術屋が死んではいけない

専門の勉強ばっかじゃダメだよ

  • 専門分野は一つ極めろ
  • そのうえで幅広い知見を得よう
  • 文系力を上げて自分をアピールできるようになろう

生き残るには柔軟じゃないとだめだよ

  • 想像力を働かせろよ
  • 逆張りしろよ

 

 

時代は変わっている、強みを生かして、求められるものを考える。それをアピールする能力もないと持ち腐れになる。ざっとこんな感じでしょうか。

 

読んで思ったこと

自分の中でうっすら感じていたことを、

はっきりさせてくれる一冊でした。

 

そのうえで、これから自分がすべきことを考えさせられ、

自分が迷っていた修士進学を後押しする内容でした。

まずは自分の専門を深めよう、と。

 

今日の備忘録

実績、経歴、後日談的にも非常に説得力あり。

理系学生の皆さんにおすすめの一冊でした。