理系院生の一人暮らし備忘録

誰かには役立ちそうな、理系大学院生の身の回りのいろいろ雑記

誰かには役立ちそうな 理系大学院生の身の回りいろいろ雑記
スポンサーリンク

理系院生が始めたQOLをちょっとだけ上げる習慣3つ

f:id:sakunosuke28:20170511144311p:plain
こんにちは、理系院生のさくのすけです。

今日は、僕が最近始めた3つの新しい習慣を紹介します。
継続期間的にはまだまだですが、なかなかいい感じです。

1つめ 寝る前に明日やることを書き出す

今日の目玉商品。
僕の生活だったら、授業とか、あらかじめ装置の使用時間が決まっている実験とか、そういう既に日時が決められているイベント以外にやりたいことを全部書き出します。
ポイントは、

  • その日ではなく前日に
  • おおよそかかる時間も一緒に

書き出すことですね。

まず、朝のローテンションの時に意識高い計画は立てられないので、前日にやるべき。

また、おおよそかかる時間を書き出して足し算することで、時間的に無理のない計画になります。
あれもこれも詰め込むと、全部やる気なくなりますしね。
あと、寝る時間と逆算しやすくなるので、一手打って始めるまでの腰が上がりやすくなる気がします。

f:id:sakunosuke28:20170511144307p:plain
▲ちなみに、今日の予定はこんな感じ。
現在朝8時、1つ目のタスク消化中です。

2つめ 身の回りのものに定位置を作った

晩年片づけられない男だった僕は、意を決してまず部屋のモノを減らしました。
関連記事:
不要な家具はジモティーでお金にしよう - 理系院生の一人暮らし備忘録
【部屋が一気に広くなる】おすすめ天井突っ張り型ハンガーラック3選と購入後レビュー - 理系院生の一人暮らし備忘録

モノを減らしたあとにしたことは、「モノに帰る場所をつくること。」

今までは、「ここに○○を入れる」「○○置き場」などと、場所を先に作っていました。
これだと毎回、モノを片付ける「場所を決める」ことからスタートするので、毎度腰を上げるのが大変。
このことに人生24年目にして初めて気付きました。

そこで、1つ1つのものに明確な住所を決めることで、片付けへのハードルを下げることができます。
また、住所以外の場所にあるものに違和感を感じることもできて、サッと元に戻す気になれています。

ということで、僕にとって断捨離は「住所を決められる程度にモノを減らす」意義があったようです。

とりあえずこれをやってから1ヶ月くらい、僕の汚部屋は凡人レベルをキープ出来ています。
もちろんこれまでの人生で一番きれいであることは言うまでもありません。

3つめ 1日1杯エタノール摂取

最後にくだらないのをもってきたな~、って思いましたか?
要は、1日の終わりの褒美を先に決めるということです。
褒美を先に決めておくことで、それに見合った頑張をしなければという気になります。

最近の僕は冷蔵庫に海外麦酒を常時数種ストックして、前日の計画立ての時に明日の銘柄とつまみを決めています。

今日の備忘録

こういうくだらない記事はどんどん筆が進むなあ、と思いました。
今日の予定では60分とっていたけど、30分もかかりませんでしたし。

まあ、適当な記事も良しということで。
以上、ブログの方向性についてちょっと悩みつつあるさくのすけがお送りしました。

www.sakunosuke.com
www.sakunosuke.com
www.sakunosuke.com