読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系院生の一人暮らし備忘録

誰かには役立ちそうな、理系大学院生の身の回りのいろいろ雑記

誰かには役立ちそうな 理系大学院生の身の回りいろいろ雑記
AD

髭が濃い人ほどT字より電気シェーバーを選ぶべき理由3つ

ライフハック

f:id:sakunosuke28:20170315113351p:plain

こんにちは、ヒゲ濃い系男子のさくのすけです。

 

深剃りできるという理由で、僕はずっとT字髭剃り派だったのですが、

ワケあって電気シェーバーを購入しました。

 

今日はその理由をまとめます。

 

 

なぜT字より電気シェーバーなのか 

T字の方が間違いなく深剃りできます。

でも、僕が電気シェーバーにシフトしました。

 

理由1 T字は肌によくない

T字は刃を肌に押し付けて削り取るため、肌によくないんですね。

 

いやいや20代前半の男が何言ってんだ、と言われそうですが、

別に30代40代になったとき、無駄に若作りしたいとかではないのです。

やっぱり年齢に応じた顔つきの変化や渋さは良くても、

ハリのないボロボロの肌は良い方には働かないじゃないですか。

 

一方シェーバーは、外刃の穴に入ったヒゲを内刃が刈り取る仕組みなので、いくらか肌に優しいわけです。

 

でも深剃りできないじゃん。

 

それはごもっともです。

でも、僕の場合、いくらT字で一生懸命深剃りしても、

3~4時間後くらいからチクチクし始めるので、

まあそれが多少短くなるくらいでは1日の見た目はあまりかわらないかなあ、という結論に落ち着きました。

 

理由2 シェーバーの方が朝は楽

僕は毎朝シャワーに入ります。

 

その時にT字で剃ればいいじゃん、と思われそうですが、

髭が濃い人はサッと浴びたシャワー程度では髭が柔らかくならず、

結構痛い思いをして剃るか、事前にレンジでチンしたタオルでふやかすなどしないといけません。

 

その点、ドライシェービングができる電気シェーバーは、シャワーを浴び終わったあと、適度にヒゲが水分を含んだ状態でヘアセットのついでに剃ることができます。

結果的に朝の時間にヒゲに費やすエネルギーは減りました。

 

理由3 外でサッと剃れる

前述のとおり深剃りはできず、シェーバーで剃ったツルツルは長持ちしません。

本当にちゃんと剃って行かなければいけないイベントの前には、化粧室に駆け込んでサッとシェーバーを取り出せば済むわけです。

 

結局選んだシェーバー

これです。またレビューします。

 

今日の備忘録

深剃りはできませんが、シェーバーの機動力はヒゲ濃い勢のヒゲにかけるエネルギーを減らしてくれます。

 

insei-bibouroku.hatenablog.jp

insei-bibouroku.hatenablog.jp