理系院生の一人暮らし備忘録

誰かには役立ちそうな、理系大学院生の身の回りのいろいろ雑記

【利き手/利き足/利き重心】意外と知らない4スタンス理論

f:id:sakunosuke28:20170307172859p:plain

こんにちは、元ゴリゴリの体育会学生のさくのすけです。

 

あなたは右利きですか?左利きですか?

 

どんなスポーツにも「正しいフォーム」ってありますよね。

ボールを投げるときには、利き手で投げる、蹴るときには、利き足で蹴る。

 

それは、その人にとって効率的な運動をするために自然と取っている「正しいフォーム」です。

 

それと同じように、人間には、「利き重心」のようなものがあり、

巷では、4スタンス理論といわれています。

4スタンス理論とは

  • 体の前側で重心をとる人(Aタイプ) / 体の後側で重心をとる人(Bタイプ)
  • 体の内側で重心をとる人(1タイプ) / 体の外側で重心をとる人(2タイプ)

この2要素を組み合わせて、A1、A2、B1、B2に分類・表記できます。

ちなみに僕はA1で、世界中の人はほぼ4等分されてるそうです。

 

階段を上るとき、Aの人は前足で、Bの人は後ろ足で上るのが自然ですが、

前足でしか上ったことのない自分は後ろ足で上る人がいることに驚愕しました。

 

私はどれなの?っていう人

msm-c.net

こちらをどうぞ。明確に分類しづらい際どい人もいるので、

何種類か試してみるといいと思います。

AとBの動きの違い

僕のスポーツでは、AなのかBなのかが競技的に重要だったので、

どちらかというとAとBの差の話には明るいです。

前述のとおり、

  • Aが前重心
  • Bが後重心

なのですが、AとBには付随する大きな違いがあります。

それは、動かしやすい関節が真逆だということ。

正確に言うと、重心をそろえる部位が真逆ということなのですが。

f:id:sakunosuke28:20170307170157p:plain

・Aの人はの「みぞおち・ひざ・足底

・Bの人はの「首・股関節・足底

が一直線上に来るように重心をとります。

 

よって、動かせる関節は逆で

・Aの人はの「股関節、首」が動かしやすく、

 ジャンプするときは、お尻後ろに出して(=股関節を曲げて)、を上に上げます。

・Bの人は、の「ひざ、みぞおち」が動かしやすく、

 ジャンプするときは、ひざを曲げて前に出します。

試しにやってみてください、自分じゃない方の真似は結構難しいです。

 

慣れれば見るだけでわかる

先ほどの図でお気づきの方もいるかもしれませんが、

AとBは動く関節、動かない関節が交互になっています。

 

特に見た目で特徴的に現れるのは肩、肘、手首の動きで、

・Aの人はを動かさず、肩、手首で目的の方向に動かし

・Bの人は肩、手首を動かさず、で目的の方向に動かします

 

わかりやすい具体例

よく代表的な例として上げられるのが、対極に位置するトップ選手の2人。

イチロー(A1)>

http://2.bp.blogspot.com/_WzMYPkrNaVA/SwTQ0JkLKvI/AAAAAAAAAtY/7HMiknZ-ckU/s1600/ichirobut.jpg

引用元 

http://2.bp.blogspot.com/_WzMYPkrNaVA/SwTQ0JkLKvI/AAAAAAAAAtY/7HMiknZ-ckU/s1600/ichirobut.jpg

重心が前足にあり(A)、足裏の内側で踏ん張っている(1)ことがわかります。

 

松井秀喜(B2)>

http://www.denden-journal.com/entertainment/images/776_0.jpg

引用元

http://www.denden-journal.com/entertainment/images/776_0.jpg

重心が後ろ足にあり(B)、足裏の外側で踏ん張っています(2)。

 

今日の備忘録

知らなかった方にとっては結構驚きだったんじゃないでしょうか。

慣れてくると、街を歩いていても

「あー、あの人めっちゃA」

「B丸出しの動きしてる~」

なんてことばっかり目につくので、退屈しませんよ(笑)

 

人気記事

 

insei-bibouroku.hatenablog.jp

insei-bibouroku.hatenablog.jp

insei-bibouroku.hatenablog.jp